氷橋を渡って、島の博物館へ。

ニュース

氷橋を渡って、島の博物館へ。

07.04.2019

3月31日にサハリン州郷土博物館でエクストリーム旅行者のアンドレイ・メニシコフ氏との会談が行われました。2年前、メニシコフ氏が一人で「ニワ」車に乗って、サハリン州創立の70周年記念日にちなむ単独探険を催すなか、サハリン州郷土博物館でその旅行の話をしました。今年3月にメニシコフ氏が同じ車で奥さんのリリヤ氏と一緒に氷橋を渡って、サハリンに着きました。その旅行について聞いてからすぐメニシコフ氏を博物館に招待しました。

旅行者との会談についての報告が2日間前載せられたにもかかわらず、追加のいすを置かなければ成らなくなったほどお客さんがおおく来たことをびっくりしました。メニシコフ氏も多くのお客さんが来たことに感銘されて、メニシコフ氏のように旅行に興味のある人が多かったことにびっくりしました。その会談が2時間以上続いて、質問もたくさん聞かれました。リリヤ氏がそんな難しい旅行に行くことに心を決めたことにお客さんの注意を浴びました。

メニシコフ氏が本土からサハリンまでの旅行やロシアの記録本に登録された大洋探検の時に砕氷船との出会い、白熊との知り合いなどについて話をしました。

実は、サハリン島は普通の車でたどり着きにくいところがたくさんあっても、強い希望するなら、やはりたどり着けます。例えば、みんなのサハリンとクリルの住民がポギビ村に行ったことがあるわけではないが、ヤマロ・ネネツ自治管区からの旅人が行きました。

旅行者のお客さんが、サハリンの人が心の優しい人で、できる範囲で手伝ってくれたと強調しました。途中でミルクや圧縮機をあげたり、新しい前照灯を買って、車に付けたりした人がいらっしゃいました。どんな旅行があっても、それは最も大切な印象です。

本記事の作成者:サハリン州郷土博物館の科学教育部 部長タチヤナ・チャイチェンコ

  

ニュース

30.11.2019
講義に招待いたします。

30.11.2019
「サハリンの後期白亜紀のアンモナイト」

27.11.2019
珍しい番人

27.11.2019
「芸術の夜」という全ロシア行事

03.11.2019
カムチャッカ半島に起こった津波がどんな体験となって来たでしょうか。

13.09.2019
プロジェクトのプレゼンテーション。

15.05.2019
講義に招待いたします。

05.05.2019
「博物館での勝利の日」

29.04.2019
「勝利の道を通って」クイズ

18.04.2019
ハバロフスク地方ニコライ・グロデェコフ記念博物館は125周年記念日、おめでとうございます!






Kommunisticheskiy prospekt - 29
Yuzhno-Sakhalinsk, Russia, 693010
mail@sakhalinmuseum.ru
+7 (4242) 72–75–55